読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もみあげあしめ

組み込みとかIoTとか、いろいろ

めっちゃドゥンドゥンするヘッドホン

後輩「先輩。すごいヘッドホンあるんですけれど、お試しで使ってレビューしてみませんか」
私「すごいってそんなんある訳ないやん…」
f:id:shima_nigoro:20170504164249p:plain:h300
数分後―
私「めっちゃドゥンドゥンするやん!」

この記事では後輩がおすすめする Crusher Wireless というヘッドホンを紹介する。

本体

Skullcandy 社から発売されている Crusher Wireless というヘッドホンです。

f:id:shima_nigoro:20170507150224j:plain:w300 f:id:shima_nigoro:20170507150249j:plain:w300

箱側面にも書かれている「BASS YOU CAN FEEL」のとおり、低音を体感できるヘッドホンです。

f:id:shima_nigoro:20170507152510j:plain:w300
商品外箱にはなんと!磁石がついています!
#最近こういう箱多いよね、その分安くしてくれたらいいのにな

f:id:shima_nigoro:20170507151758j:plain:w300
本体はシンプルなロゴがついているだけのスマートな感じ。

f:id:shima_nigoro:20170507151448j:plain:w300
収納時は折り畳みでこのサイズ。まぁ、でかいよね。

f:id:shima_nigoro:20170507151545j:plain:w300
本体を後ろから見たところ。
左側には低音の強さを調整できるスライダー、右側には電源・ペアリングと音量調整用のボタンがある。

f:id:shima_nigoro:20170507151630j:plain:w300
伸びます。

f:id:shima_nigoro:20170507151514j:plain:w300
本体の充電には microUSB を使う。有線での接続も可能。

付属品

f:id:shima_nigoro:20170507151324j:plain:w300
専用ポーチにはプラグ類を収納できるポケットが。

f:id:shima_nigoro:20170507150915j:plain:w300
付属プラグにもロゴが。写真を撮っていませんが、microUSB ⇔ USB のケーブルも付属します。

めっちゃドゥンドゥンするとは?

通常のスピーカーとは別にウーファーが付いているため、スライダーで低音の強さを調整できます。
試しに何曲か聴いてみましたが、ウーファーが左右独立しているからか確かに臨場感は増す感じでした。
また、心なしか高音と独立しているため音楽全体がハッキリするような感じがしました。

しかし、スライダー調整で強調をオフにしても完全にウーファーを固定できるわけではないため、
通常のスピーカーから鳴る低音が響いてしまい、ある程度低音が強調されるように感じました。
また、オフ状態でヘッドホン自体に振動が加わるとウーファーも振動するということもありました。

しかし、とにかくドゥンドゥンします。この感覚は他のヘッドホンでは体感できないでしょう。
#他のヘッドホンを知らない自分が語るのもおかしいけれど…。

おすすめポイントまとめ

  • 鼓膜を震わせる低音がすごい。
  • 内臓バッテリーで40時間も持つ
  • 割とお買い得(¥21,800)

今のヘッドホンでは重低音に満足できない方、臨場感ある音を聴きたい方にはおすすめかもしれません。

謝辞

ブログのネタをくださった後輩殿、サンキューである。