読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もみあげあしめ

組み込みとかIoTとか、いろいろ

Raspberry Pi 3の初期設定をする

Raspberry Pi 3を新たに購入したので初期設定関連のメモを書き残しておきます。

f:id:shima_nigoro:20160626182610p:plain:w300

最終的に無線LAN環境で使うので、USBキーボードなしでセットアップしていきます。
#ノートPC派なので、USBキーボードは買っても邪魔になるしいらない…。

この記事を書くにあたり、使ったもの

  • PC
  • Raspberry Pi 3 Model B
  • micro USB で接続できる電源
    • 2.0A供給できれば、とりあえず動く
  • 16GB の micro SD
    • Raspbianの通常版を使うならば、最低でも4GBは必要
  • LANケーブル(クロス)
    • ストレートでも問題なし?
  • HDMI端子のあるディスプレイ
  • USBマウス

OSイメージのダウンロード

Download Raspbian for Raspberry Pi の RASPBIAN JESSIE ⇒「Download ZIP」

通常版とLITE版があるけれど、後で色々足りないと面倒なので通常版で。
ちなみに通常版は zip で約 1.3GB、展開すると約 3.4GBくらい。# 16-06-26 時点の最新版は下記

Full desktop image based on Debian Jessie
Version:May 2016
Release date:2016-05-27
Kernel version:4.4

OSイメージをSDカードに焼く

・下記からイメージを直接焼くためのツールをダウンロードする
Win32 Disk Imager - Browse /Archive at SourceForge.net
※ exe のインストーラではなく zip(Win32DiskImager-0.9.5-binary.zip) をダウンロード

・展開して Win32DiskImager.exe を管理者権限で実行

・SDカードのドライブを確認してから
f:id:shima_nigoro:20160626101007p:plain

・展開した .img ファイルを選択して Write で焼く
f:id:shima_nigoro:20160626101147p:plain

#デフォルトで「C:」は選ばれないみたいですが、もし間違えると最悪PCが起動しなくなります♪

参考:Installing operating system images - Raspberry Pi Documentation

OSの起動確認

焼いたmicroSDカードを本体に挿して、電源ONすると自動的にGUIが立ち上がります。

ネットワークの設定

1. PCとRaspberry Piを有線LANで接続できるようにする

※PCとRaspberry Piクロスケーブルで接続しておく(ストレートでもOK)。

1.1. ネットワークの設定を合わせる

Raspberry Pi側のネットワーク設定を確認する
eth0 にIPアドレスが不定値(?)で割り当てられているので、マウスカーソル
メニューバーのアイコン上にのせて、IPアドレスを確認する #アナログすぎる…

eth0: Configured 169.254.XXX.XXX/24

・PC側の設定
IPアドレスを上記のネットワークに合わせて設定する。設定方法が分からないならググろう。
※ネットワーク接続から「イーサネット」⇒「プロパティ」⇒「インターネット プロトコル バージョン4」でIPアドレスを設定

1.2. SSHで接続する

teraterm等でSSH接続する。デフォルトのユーザ名は「pi」、パスワードは「raspberry」
ここまで来たら、後は CUI で全部やっちゃいます。

2. Raspberry Piの有線LANポートに固定IPアドレスを割り当てる

1のような地味な作業を2度としないために、IPアドレスを固定しておきます。

Raspberry Pi 3 初期設定 <Raspbian jessie> - はっとてっくろぐ
によると、いつの間にか「/etc/network/interfaces」で設定しなくなっているようです。

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

#確かにコメントに書かれている

「man dhcpcd.conf」を見ると下記のように設定すればいいっぽい

Here is an example which configures a static address, routes and dns.
interface eth0
static ip_address=192.168.0.10/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

・「/etc/dhcpcd.conf」に下記を追記

interface eth0
static ip_address=192.168.X.X/24

※それぞれの環境にあった設定を、ご自由にどうぞ

・「/etc/network/interfaces」の eth0 の設定をコメントアウト

#iface eth0 inet manual


3. Raspberry Pi無線LANルータに接続できるよう設定する

SSIDとパスワードを調べて、下記コマンドで設定を追記する。
※設定を追記する際に生のパスワードがファイルに残るので、気になるなら消しましょう

sudo sh -c "wpa_passphrase hoge fuga >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

#例はSSIDhoge、パスワードをfugaとした場合のもの

・「/etc/network/interface」の設定も変更する

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

※個人的にルータ側で固定IPアドレスを設定するのが管理方法としてよいかと。

参考:Raspberry Piの無線LAN接続設定を変更する - もみあげあしめ

4. 設定を反映する

・面倒なので再起動

sudo reboot


5. Q&A

Q. 設定したけれど、接続できないです。
A. 十中八九、どこかで文字を打ち間違えています。

色々設定する

・下記コマンド実行。抜けるときに再起動するか確認されるのでそのまま再起動する。

sudo raspi-config

・ SDカード容量限界まで使えるようにする(1 Expand Filesystem)
・ pi のパスワードを変える(2 Change User Password⇒パスワード変更)
・ Consoleで起動するよう設定する(3 Boot Options)
⇒「B1 Console Text console, requiring user to login」
ロケールの設定等を変える(5 Internationalisation Options)
⇒「I2 Change Timezone」で「Asia/Tokyo」を選択
⇒「I4 Change Wi-fi Country」で「JP Japan」を選択

色々更新する

・下記コマンド実行

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

基本的な設定はここまでです。お疲れ様でした。

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)