読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もみあげあしめ

組み込みとかIoTとか、いろいろ

TrackR bravo で遊ぶ #ハードウェア確認編

TrackR bravo のハードウェアをレビュー

センサタグ(CC2650STK) を使う 開発準備編

センサタグはボタン型電池を使っているのでいくら BLE で省電力と言っても 連続で通信を続ければいつかは電池が切れてしまいます。そこで既存の F/W を修正して、決まった時間のみ通信するように変更しようと思ったのですが 開発環境の準備をするだけで詰ん…

【ネタ】自動おかえりシステムの改修

自動おかえりシステムに Philips Hue のランプ自動点灯・消灯システムを追加した。暗がりの中から「おかえり」と言われるより、電気が付いていたほうがいいはずです。 きっと、そうに決まってます。たぶん…。#先週のたわごとは消しました続きを書きました。

センサタグ(CC2650STK) を使う 実践編

センサタグを使う準備は整ったので、今回は実践編です。※前回の記事はこちら、gattlib 等のインストールまでをまとめています。

センサタグ(CC2650STK) を使う 準備編

(少し前から)IoT、始めました。IoTといえば、センサー。ということでTI製のセンサタグを購入してみました。この記事ではTexas Instruments製SimpleLink™ センサタグの購入からセンサ値までをまとめます。センサ値の取得は Raspberry Pi 3 Model B のオンボ…

MAMORIOが届いたので解析したかった

注文してから約1カ月。MAMORIO | 世界最小の落し物追跡タグ が届いた。折角なのでレビューっぽく記事を書いてみる。 開封 箱の表の外観。「なくすを、なくす。みんなで、さがす。」がキャッチコピーっぽい。

【ネタ】自動おかえりシステムの不具合

自動おかえりシステムの試験運用中に2件の不具合を検出した。以下に修正案を示す。

【ネタ】自動おかえりシステムを作る

孤独をこじらせてしまい、ついに現実逃避を始めてしまう私です。 要件定義 家に帰ったときに「おかえり」と言ってもらう。 ハードウェア構成 Raspberry Pi 2 Model B BT4.0対応USBドングル(LBT-UAN04C2BK) BLEデバイス(Fitbit Charge HR) ソフトウェア構…

Fitbit Charge HRとBLEで通信する

前回からの続きの記事になります。 失敗したままでは終われない!そう誓った5分後、早速失敗の原因を見つけたのでした。この記事では、Raspberry Pi 2 を使って Fitbit Charge HR と通信する方法について まとめたかったのですが、結局コアな部分は非公開の…

Fitbit Charge HRとBLEで通信したい

Fitbit Charge HR はアプリを使えば現在計測中の心拍数を取得できます。 これをRaspberry Piから取得できれば、面白いことができそうですよね!この記事はRaspberry Pi(OSがrapbian wheezy)で Bluetooth Low Energy(BLE) を使えるようにしようとして、通…